スポンサーサイト

リマ

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

こんにちは

リマの旧市街地の建物、ステキですね。
教会を見て歩くのも好きです。

南米は貧富の差が激しいのでしょうね。
観光客に子供たちが寄ってくるという話は聞いたことがあります。

ペルー日本大使公邸の占拠事件、覚えています。
地球の反対側でしたが、日本の大使公邸ということで、かなり身近に感じられた事件でした。

旅行記ありがとうございました。
楽しませていただきました。

Comment by: こりす工房  | 2010- 09-20 | 編集

*こりす工房様*

日本も格差社会とかイロイロと云われていますけれど・・・
考えさせられました。

教会の礼拝堂が、どこもステキでした。

南米はあまりに遠く、今までは知らない国々でしたが
少し身近になりました。
こういう事が旅行の効用の一つですよね。^^

Comment by: とくちゃん  | 2010- 09-20 | 編集

去年の秋にオーストリアに行きましたが
パフスブルグ家のイエローの建物を沢山みましたので
あれ?とおもいましたがペルーにも同じカラーを使った建物があるのですね。

南米は遠いので行けませんが、楽しませていただき有難うございます。

Comment by: prin  | 2010- 09-20 | 編集

さすがに世界遺産に登録されてる市街地だけあって
素敵ですね~
こういった有名な世界遺産が大事に残されてる陰で
貧困の子供たちが居る…なんだか複雑な気持ちです
日本は裕福で贅沢な国だと言われてるそうですが
こういった貧富の激しい国を見ていると
確かに物に対しても食に対しても贅沢なような気もしますね…

素敵な旅行記ありがとう、とても楽しめました~
いつもながら写真も綺麗だし、一緒に旅した気分にんれました♪

Comment by: ナナのママ  | 2010- 09-21 | 編集

*prin様*

初めてprinさんのページにお邪魔した時、中欧旅行の
お写真を見せていただきました。
カレル橋は行きたい場所の一つなので、嬉しかったです。
(^_^)

リマはハプスブルグ家とも深く係わっていたそうです。
世界は繋がっているんですね。

Comment by: とくちゃん  | 2010- 09-21 | 編集

*ナナのママ様*

世界遺産を綺麗に維持する為に、ペンキの塗り替えとか、
イロイロ大変な努力があるみたいです。経費も含めて。

スラム街も、沢山を通り越してしまうほど、見てしまうと、
「日本に産まれてよかった」としか思えない自分が情けなくなります。
でも、(この次は何処へ行こうかしら?)なんて考える自分も
います・・・(~_~;)

Comment by: とくちゃん  | 2010- 09-21 | 編集

ご無沙汰してすみません

こんにちわ
ご無沙汰してすみません。

南米周遊の旅、また、素敵な旅をされましたね♪
たくさんのパワーを、得られたことと思います。

マチュピチュは、私の一番行ってみたい所です。
落ち着いたら、私も、ぜひ、訪れたいです。

南米旅行記、楽しく拝見させていただきました。
今度は、どちらに行かれるのかな。

Comment by: ポッター  | 2010- 09-23 | 編集

*ポッター様*

旅行記、読んでいただき嬉しいです。
ポッターさんも落ち着かれたら、是非
「空中散歩体験」 なさって来て下さい。

私もまだまだ行きたい所が沢山あります。(~_~;)





Comment by: とくちゃん  | 2010- 09-23 | 編集

リマ

素敵な礼拝堂です
教会って気持が洗われる気持になります
 
ペルーの事件・・ニュースで見て怖かったのを
覚えてます
フジモリさんどうなってるのでしょう?
 
家並み保存なのかしら・・黄色の家が多いって
歩いてて綺麗ですよね

Comment by: ユーミン  | 2010- 09-23 | 編集

*ユーミン様*

丁度日曜日で、ミサ中は中へ入れない教会が多いけれど、
この街は入らせてくれました。
このブルーの礼拝堂は色合いがとても神秘的で、印象深いものでした。
フジモリさんは収監中とか。
でも今でも人気があるそうです。

Comment by: とくちゃん  | 2010- 09-25 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。